企画展示・建物育成

微細構造への誘い

新たな建築部品の開発をと意気込んでアイデアを練ってはいますが、そもそも多数の建築部品は、現状況下でほぼ完成の域に達していると、納得せざるを得ないことが度々あるのです。
そうした状況に陥る度に、現在の思考パターンそのものを、まったく別の道筋に乗り換える手立ては無いものかと、あれこれ呻吟する訳です。 自業自得ではありますが、そうした経験の最中、何処に別の道筋を捜せば良いかと模索する過程で、浮び上がった未知の世界があります。
硬い構造を考えるよりも、柔らかい構造に注目してみようと、そこで今までまったく縁の無かった植物の微細構造とかに興味を覚えたことが切っ掛けになり、軽率とは思いますが、今では更にミクロの方向に向かって、細胞レベルの構造、例えばたんぱく質の形成過程等の情報にも注目しています。
もし将来、建築に大革命が起きるなら、こうした領域からの発想が起爆剤になるのではないかと、感じてさえいます。 ここに掲げる写真コレクションは、何かヒントは無いものだろうかと、身近に入手できる資料、インターネットを閲覧する過程で、まず自身が興味を引いた植物を中心とした「微細構造の形態」を掲げましたので、ご覧下さい。

微細構造の形態

大田区立貝塚中学校・阿達先生の教材コレクションを加工