開発プロジェクト

スライド式面格子ルーバー

複数のスラットを目的の位置に順次配置し、回収して集める装置を開発しました

イメージ動画

利用者自らが設定・配置できる外部ルーバー、ガラスサッシを覆う多数のスラットは、建築立面をあたかも生き物のごとく変化させます。

スライド式面格子ルーバーの特長

  • ルーバーの配置回収を自動化、スラットを飛ばして装着できます。
  • 環境の変化に即対応、スラットの配置が手軽に行なえます。
  • スラット(許容寸法内)をデザインしての装着が可能です。
  • スラット同士を連結しないので、各スラットは簡単に着脱できます。
  • 固定式ルーバーの価格に対抗できる、量産品を目指しています。